急いては事を仕損じる(ことわざ) 《short》

ことわざ

毎度ぉ~!はらしま(@tyj_harashima)です 今回はコトワザの話をします スピードは大事ですが、スピード重視が失敗にもなる話をするのでお付き合いください

意味・類義語・対義語

何事も焦って事を進めると失敗しがちで急いでいる時こそ落ち着いて行動しなさい という意味です

類義語としては
・慌てる乞食は貰いが少ない ・急がば回れ などがあります

対義語としては
・善は急げ ・早い者勝ち ・猪突猛進

などなど色々あります

アナタにオススメの広告

Harashimaがアレコレ述べる章

Harashimaは普段のんびりしているのですが、「コレだ!」と思ったときは後先考えず行動してしまう事が多く、失敗も多々あります(失敗の方が多い) 今も変わらない所はありますが、最近は逆に考えすぎて「遅い」「動けない」事もあります

特に相手がいる場合は相手の都合などを考えるとメール一つ送るのも気を遣います(相手は何とも思ってないんだろうけど….) なので「遅い」と思われるのは心外です

急いて失敗するのは考えが足りてなかったり、抜けてる箇所が多かったり、相手との「温度差」などが原因となります ここら辺に気を付けて何度も繰り返すことで、徐々に何事もスピーディーにこなせるようになると思います

早いに越したことはないけど、何事にもタイミングもあるので難しいですよネ 早くても「今じゃない」なんて事になる場合もあります コレもよくある….

先ほどの「温度差」にもつながる話ですが、自分と相手の中での優先順位の違いなどが原因で起こると思います せっかくの話も自分と相手の熱量の違い(温度差)と「今じゃない」(タイミング)で失敗する事もあります

急いでいようが何だろうが、落ち着いて考えてタイミングを見計らって話を持ち込むのが失敗しない方法のように思います 事を仕損じないようにしたいですネ

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました