論語 學而 其の五 ≪short≫

古典

毎度ぉ~!はらしま(@tyj-harashima)です 毎週日曜日の更新を目指している古典(論語など)のページをお届け のんびりボチボチなので期待しないで覗き続けてください それでは、しばしお付き合いください

原文 訳

子曰、道千乗之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。

子曰く、千乗の国を道びくに、事を敬みて信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以てす。

意訳

孔子は言いました。「千乗の国(戦で千台の戦車、それを操るだけの兵士を動員する事が出来る国)を導く(治める)には、何事も慎重に行い信義を守り、民衆は愛をもって大切に扱い、民衆を使役する際は時期をみて(民衆は農民が多数なので農業が忙しい時期は避けて)実施せよ

という意味ですが、今の時代とは違い約2500年前のスローライフな頃の話なので色々当てはまらない処もありますネ
この一節から学ぶべきは、大きな組織(千乗の国)を運営するには信義を守り構成する人員を大切に思いやる事と何事をするにもタイミング(人員の都合も考える) が重要である という事です

アナタにオススメの広告

まとめ

マクロな事をしたいならミクロな事を疎かにしてはいけない、ミクロな事をしっかり行えばマクロな事も首尾よく成果を挙げる事が出来る という事です
上から「やれ!やれ!」いうだけで現場の意見を聞き入れず強引に行えば善い結果は望めないワケなのに、虚勢なのか怒りっぽいのか高圧的な物言いが役得だと思ってるのか、勘違いした人いるよネ

わがままで自分勝手な人にならないように気をつけましょう

※Harashimaが引用している本です
↓↓↓↓↓↓↓

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました