2021-01

論語

論語 八佾 其の二十五 《middle》

昔の人は命の危険もあったワケで言葉には気を付けていたと思います 遠回しな批判や比較に思える話です
慣用句

知恵を絞る(慣用句) 《middle》

嫌味や皮肉になってしまったので、お見苦しい点が多々ありますが、気にしないようでしたら読んでください
論語

論語 八佾 其の二十四 《middle》

数々の立派な人と会見した事のある人が認めた社会的指導者、孔子は「木鐸(ぼくたく)」に例えられています
ことわざ

壁に耳あり障子に目あり(ことわざ) 《middle》

ウワサ好きは常に聞き耳を立てて、ゴシップを探している 些細な事で揚げ足を取ってウワサする人に注意です
論語

論語 八佾 其の二十三 《middle》

今回は孔子と楽団長の会話が取り上げられています サラッと読める程度なので覗いてみてください
論語

論語 八佾 其の二十二 《middle》

「君主のマネして礼を欠いた事をしている人をみて怒れちゃう」という一節になります 謙虚でいましょう
読書

相沢沙呼 小説の神様 -あなたを読む物語ー 《middle》

誰もが「物語」の主人公であり、その物語の続きを書くのは「自分」であり、「自信を持って語ろう」という話
アナタにオススメの広告
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました