いよいよ佳境を迎えるか? 《middle》

日常

毎度ぉ~!はらしま(@tyj_harashima)です 久しぶりに更新するカテゴリーになります 始まって既に半年以上が経ったロシアによるウクライナへの軍事侵攻の話をしようかと思います 内容的には薄っぺらい2次創作となりますが、お付き合いください

ここまでのザックリとした話

ロシア…というかプーチン大統領の独断?によるウクライナ東部への軍事侵攻が始まったのは2022年の2月の末です 名目は「ウクライナ東部の親ロシア地区、ドネツク州とルガンスク州に独立承認の大統領令に署名」したことに端を発っします

要するに、ウクライナ東部の2州がロシアと親密で、ウクライナから独立してロシアに併合されてロシアの一部になることをロシアが勝手に決めてしまい、ウクライナから切り離すために「独立の手助けをしてやろう」という話です(ちなみに、ドネツク州とルガンスク州の住人は本当に親ロシア派らしく「ウクライナ軍が無茶してる」なんて話もあるようです)

ウクライナとしては2014年にも強引にクリミア半島を奪われており、とても容認できることではないので武力をもって対抗します(そこら辺の ” もうチョットだけ ” 詳しい説明はコチラ) それもモチベーションとなってか?ウクライナは大国ロシア相手に奮闘しています 一時は一気に攻め落とされる勢いでしたが、戦闘が長引くほどロシア軍の戦意が低下していき戦局は混沌としてきました

クリミア橋の爆破

そんな戦局に大きな変化がありました 2022年10月9日にロシアとクリミア半島を繋ぐ橋が何者かに爆破されたのです この「何者か」が憶測をよんでいて、ロシア側は「ウクライナのテロだ」といい、ウクライナ側は「ロシア側の自作自演だ」などと予断を許さない緊迫した状況になっています

このクリミア橋というのは、ロシアにとってはクリミア(ウクライナ)への物資の輸送など重要な意味を持つ場所で、プーチン大統領も「奇跡の橋」などと強い思い入れのある橋で上記のような発言に至ったと思われます 一方のウクライナ側は、「爆発したトラックはロシア側から走ってきているので、答えはロシア側が調べるべきだ」と関与を否定していて、どちらの仕業か?はたまた偶然の事故なのか?憶測が広がるばかりです

Harashimaがアレコレ述べる章

Harashimaは逐一この争いの情報を集めているワケではないので、報道等で知る程度の知識しかありませんが心配になってきました こういった高度の情報戦は、直接関与していない人の推測や思い込みは「デマ」となって広がっていくので、うっかり鵜呑みにして動くと痛い目に遭います

外野が騒いだところで戦局は変わらないし、デマに騙され通常より酷い目に遭う事もあります 何がどうなっているのかは現地の現場でしか詳しい事は分かりません 外野は日々届くニュースを事実と意見を分けて精査して見守るしかないように思います

今回のクリミア橋の爆破は、どちらが仕掛けた事か分かりませんが戦局を大きく動かす出来事だと思います 伝え聞く分には、ロシアが追い詰められていってるような状況で「核兵器」の使用もあるのではないか?とウワサされています それだけは避けなければなりません

核兵器の使用が、この争いの結末と今後の世界の動きのカギを握っているのは間違いないように思います 2022年の下期が始まったばかりですが、佳境を迎えることなりそうです 安心安全な世界を目指す方向で終結することを祈るばかりです 核兵器の使用は絶対に反対します! ロシアとウクライナの平和、世界の秩序が保たれますように!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました