CVID-19とBOXINGの話 ≪short≫

BOXING

毎度ぉ~!はらしま(@tyj_harashima)です 今回は世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス(CVID-19)の影響が社会をマヒさせていて、ボクシングの興業にも波及している話をしようと思います お付き合いください

ビッグマッチも延期や無観客に

世界的な感染拡大に伴い、各種イベントや興業、集会が中止・延期・無観客になっている現状ですが、ご多分に漏れずボクシング界にも影響しています ボクシングファン垂涎の試合も開催が危ぶまれています

特に、4月に行われるロマチェンコvsティオフィモ・ロペスのライト級4団体統一戦はファンも待ちに待った楽しみな一戦なので何とか実施されてほしい… 

さらに、日本が誇るP4Pトップ3の井上尚弥vsジョンリル・カシメロも無観客になるとか….せっかくのラスベガスでのメーンイベントだったのに…コヴィッドめ!

アナタにオススメの広告

パンデミックらしい

各国が感染の拡大を食い止めるべく様々な施策を講じていますが、正解がないだけに結果は「神のみぞ知る」といったところです 初動は失敗したのか?広がってしまい現在に至り、終息のメドもたっていない状況でWHOも「パンデミック(世界的流行病)」を宣言しています

3/14現在、死者も5000人を超していて決して楽観できないワケですが、症状が大したことなさそうで「過剰なのでは?」と思ってしまいます

「社会や経済が停滞してしまう」と声高に叫んでる人もいますが、” 命あっての物種 ” 社会や経済より人命が最優先だと思います 全ては「為すがまま(ならキュウリはパパだぁ~)」ですワ 皆が「自分は大丈夫」ではなく「自分は絶対もらわない」という意識と行動をしていれば終息していくことでしょう

これ以上の規制、外出禁止などとならないよう願い〆ます

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました