二枚舌・ネット弁慶(慣用句) 《short》

慣用句

毎度ぉ〜!はらしま(@tyj_harashima)です 今回は慣用句の話をしようと思います 本来なら一つの記事に一つのテーマがセオリーらしいですが、お構いなしで進みます お付き合いください

意味や語源

二枚舌の方は、矛盾やウソを言ったりする事でアッチとコッチで別々の話をする、どちらにもいい顔をして立ち回るなどする人の事を指します

ネット弁慶は、新しい言葉で慣用句としていいのか?もう少し様子をみる必要があるかもしれませんが、ネット上で勇ましい(けど、リアルの世界ではどうなの?って)人を指す言葉です

アナタにオススメの広告

Harashimaがアレコレ述べる章

あまり長々としたくないのでサラッと済ませます Harashimaの普段についての話になりますが、SNSなどで勇ましく会社や上司にモノ申してるけど実際はどうなの?なんて思ってる人もいる? 興味ないか。。。

実際はネット上と同じくオシャベリなんですが、ワケあって無口にしています なぜならネットとリアルに差が出ないようにリアルの方を抑える必要があるからです 過去に苦い失敗をしたので二枚舌にならないように、そうしています(嘘つきなワケではなく、根も葉もないウワサを信じてしまう人達に困らされた経験があるんです)

ネット上で勇ましい事を発信して実際はサッパリなら「ネット弁慶」となりますが、勇ましい事を言っても実際に出来ていれば誰も文句は言いません 口に出さずとも証明する事が出来ます(煩わしい事もたくさんあるけど、自分に合ってるように思ってます)

「二枚舌」でも「ネット弁慶」でもない事をわかってもらいたくて書いてみました

こんなんですが、これからも よろ酒ぅ~!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました