諺の元ネタが実は古典だ という実話 ≪short≫

古典

毎度ぉ~!はらしま(@tyj_harashima)です 今回は趣向を変えて、普段よく耳にする諺の中に意外と古典からの引用が多いので幾つか紹介したいと思います お付き合いください

いくつ知ってる?他にもあったら教えて

例えば、「過ぎたるは猶及ばざるが如し(論語)」「柔よく剛を制す(老子)」「青は藍より出でて藍より青し(荀子)」などなど、まだまだ探せば色々あると思います 

他にも諺ではないけど、誰もが知る有名な言葉でオリジナル感たっぷりなのに実は古典からの引用、パクリ疑惑……というかパクリな言葉をご紹介

コレは本当なので疑う人は調べてみて

そ・れ・は、「風林火山」です 知らないとかなしだヨ 戦国武将 武田信玄の馬印(旗印)で『疾きこと風の如く 静かなること林の如く 侵略すること火の如く 動かざること山の如し』が一般的だと思うけど、実は続きがあるんだヨ

おっと その前に、風林火山は以前紹介した「孫子の兵法」に出てくる勝つ為の指南書の一節で、武田信玄はきっと孫子の兵法を読んで「コレだ!」と思ったんでしょうネ Harshimaは孫子の兵法で風林火山の件を読んだ時に「こんなところで繋がるのか」と感心しました 信玄は(勝つ事に飢えてた時代でもあるからか) 勉強家だったんですネ    話が逸れました

続きというのが、知りがたきこと陰のごとく と 動くこと雷霆ごとし です

「知りがたきこと陰のごとく」とは、味方の戦略が敵に知られないように暗い陰の中ように という意味で「動くこと雷霆のごとし」とは、兵を動かす時は雷のように激しくしないといけない という意味です 全部を知ると武田信玄や風林火山の印象が変わると思うのですが、どうかな?

アナタにオススメの広告

まとめ

古典が元ネタの諺を紹介するつもりが「風林火山」の話になってしまったけど、古典について興味を持ってもらえたら嬉しいです 
先人の知恵は現代に通ずる貴重な教えなので、ぜひ勉強。。。じゃないな、学問してみてください

最後に、「故きを温ね新しきを知る」という諺があるの知ってるかな?四字熟語で「温故知新」というんだけど、実はコレも古典が元ネタなんですヨ

詳しくは自分で調べる事が一番ですが、また後日そのうち紹介するので気長に待ってもらっても構いません では、また!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました