果報は寝て待て(ことわざ) 《short》

ことわざ

毎度ぉ~!はらしま(@tyj_harashima)です 今回は「諺」を取り上げてみようと思います 何か面白そうでタメになる事をやりたいと考え、お試し感覚で勢いに任せてやってみます お付き合いください

事前情報

善い報せは焦らずゆっく待とう。なんて意味ですが、本来の意味はちょっと違います。まず「果報」というの説明します。「因果応報」というの知っていますか?
因果応報とは、善い行いをすれば善い結果が、悪い行いをすれば悪い結果になる。という仏教の言葉です。因果応報はどちらかと言えば悪い場面で用いられる事が多いですが、そんなことはなく善い事が起こった場合にもつかえます 覚えておくと他人に少し自慢できるかもしれませんネ
Harashima的には因果応報とは『原(因)に(応)じた結(果)が(報)告される』の略語だと勝手に思い込んでいます。(覚えやすいでしょ?)

本題の説明


「果報」が原因の結果の事だと解ったら次は「寝て待て」だけど、こちらはサラッといきます。
ジタバタしても どうしようもないから「寝て待て」なのです。
「果報は寝て待て」とは、 善い報せは焦らずゆっく待とう。 ではなく、原因となる行為の結果は変えようがないから落ち着いて受け入れる。というのが本来の解釈です。
***善いことをしたから善い結果が待ち受けているか?と言えば、絶対ではありません。何故なら、善悪を決めるのは自分ではなく「(神や仏と言われる?)何か」なワケです。” 果報 ” に過度な期待もしないのも ” 寝て待て ” に含まれているのかもしれないですネ

アナタにオススメの広告

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました